肌に優しいファンデーションの選び方・使い方

ファンデーションとフェイスパウダーは同じもの?比較からわかるコスメの違い

投稿日:

ファンデーションパウダー違い

メイク商品を比べた時にこれって同じなのでは?と思うアイテムはありませんか?

パウダータイプなど形状が同じものは違いがわかりにくいですよね。

特にパウダーファンデーションとフェイスパウダーの違いがわからない…

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回はファンデーションとフェイスパウダーの特徴や使い方を比べてみました。

 

いつものベースメイクをワンランク上の仕上がりにしたい時にも参考にしてみてくださいね。

ファンデーションとフェイスパウダーの役割をチェック

まずは混合して考えやすいファンデーションとフェイスパウダーの形状を比べていきましょう。

  • ファンデーション・・・パウダーやブレストだけでなくリキッド・クリームなど形状は様々。タイプによって肌への密着度やメイクの仕上がりを変えることが出来るアイテム。
  • フェイスパウダー・・・サラサラとした粉のパウダーとブレストタイプの2種類のみ。ラメやパールが配合されたツヤ感のあるものや、マットな仕上がりになるタイプなど様々。

ファンデーションにはパウダーやブラストタイプだけでなく、液状のリキッドやクリームタイプもあります。

リキッド・クリームタイプは油分と水分量が多いので、肌への密着度も高いですよね。

一方フェイスパウダーはパウダーか、パウダーをオイル分で固めた固形状のブレストタイプのみ。

ファンデのように美容成分や水分・オイル分が少ないのでサラッとしたテクチャーです。

さらにメイクアイテムとしての役割には、こんな違いがあります。

  • ファンデーション・・・肌の色ムラやキメ・毛穴の凹凸を目立たなくさせる
  • フェイスパウダー・・・ファンデーションの崩れを防ぎ化粧もちをアップさせる

ファンデーションとフェイスパウダーを取り入れたメイク方法とは

ファンデとフェイスパウダーの両方をメイクに取り入れたい時は、どんな使い方をすれば良いのでしょうか。

それぞれをメイクに使う時の順番を調べてみました。

  • パウダーファンデとフェイスパウダーの場合

パウダータイプのファンデと併用する場合は、フェイスパウダーはメイク直しアイテムとして使うのがおすすめ。
テカリが目立ちやすいTゾーンや、あご周りを中心に塗布してみましょう。

パウダーファンデの塗布後すぐ重ねてしまうと、メイクに厚塗り感が出てしまいます。
老け顔メイクになってしまいがちなので注意が必要です。

メイクの仕上げにどうしても使いたい時は、粒子の大きめのフェイスパウダーをセレクト。

フェイスブラシで肌にふわっと軽く乗せるように、手早く一塗りだけ乗せてみましょう。

  • リキッドやクリームファンデの場合

水分と油分が多いファンデは、フェイスパウダーを使うとなめらかな質感の肌に仕上がります。

メイクのもちもアップするので、普段のメイク時の仕上げにプラスしてみましょう。

毛穴の開きが目立つ時は、密度の濃いブレストタイプのフェイスパウダーを使うのがおすすめです。

パフやスポンジを使うと、先に塗ったファンデがヨレにくくなります。ポンポンと叩き込むイメージで乗せるのが良いでしょう。

まとめ

ファンデーションとフェイスパウダーは、どちらもメイクのベースアイテムなので混同されがちです。

色味のついたフェイスパウダーと、パウダーファンデの違いがわからない…という人も多いのでは。

今回特徴や使い方を比べてみましたが、意外と明確な違いがあることがわかりました。

  • ファンデーション・・・肌色やコンディションを整えるベースメイクの主役アイテム
  • フェイスパウダー・・・化粧もちを高める仕上げの名脇役

上手く組み合わせると、メイクの印象をグッと高めることが出来そうですね。

普段のベースメイクをワンランクアップさせたい時は、ファンデとフェイスパウダーを併用してみてはいかがでしょうか。

-肌に優しいファンデーションの選び方・使い方

Copyright© ミネラルファンデーションランキング|40代敏感肌主婦がレビュー中 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.